アスミールとセノビックを比較してみると…。違いが判明した!

セノビック
子供が元気に成長するためにはたくさんの栄養が必要です。

 

なので、毎日の食事がとても重要なのですが、でも、食事だけですべての栄養を摂るというのはとても大変ですし、なかなか難しい現状があります。

 

そこで、アスミールなどの子供の成長サポートサプリが人気なのですが…。

 

でも、アスミールだけでなくセノビックも人気ですよね。

 

どちらも子供の身長を伸ばすための栄養素がたくさん配合されているのですが、どちらがいいんだろう?と悩む人も多いと思います。

 

そこでこちらでは、アスミールとセノビックを比較してその違いについてまとめてみました。

 

●アスミール

 

アスミールは、牛乳に溶かして飲むココア味のドリンク。

 

3種類のカルシウム、ビタミン類がたっぷり配合されていて、効率よくカルシウムを吸収することができます。

 

1歳から飲めるようですが、1歳だとまだ離乳が終わっていないので、2歳、3歳、4歳くらいからがおススメだと思います。

 

5歳くらいから飲ませているという口コミが多いですよ。

 

●セノビック

 

セノビックは、アスミールと同じように牛乳に溶かして飲む成長サポートサプリですが、ココア味だけでなく、バナナ、いちごミルク、ヨーグルト、ポタージュと味が5種類あります。

 

なので、お子さんが好きな味を選んだり、複数購入して日替わりで違う味のセノビックを楽しむこともできます。

 

栄養はカルシウム、鉄、ビタミン類、ボーンペップなどを配合。

 

園児から飲めます。

 

つまり3歳くらいからの子が対象です。

 

●アスミールとセノビックを比較してみると…

 

価格が安いのはセノビックですが、1日で補える栄養はアスミールのほうが多いです。

 

またセノビックは1日2回飲むようになっていて牛乳は300ml必要ですが、アスミールは1日1回で100mlの牛乳に溶かします。

 

なので、より効率よく栄養が摂れるのはアスミールということになります。

 

牛乳が好きで多く飲む子であれば1日2回でも大丈夫かもしれませんが、1日1回でOKなアスミールのほうが、手軽で子供の負担になりにくいかな?と思います。

 

なお、アスミールの詳しい情報は「アスミールの副作用と口コミは?子供に飲ませる前に知っておこう!」の記事でまとめていますので気になる方は参考にしてください。