ミロと比べてみて。違いはどうなってた・・?

ミロ

子供ための成長飲料といえば、昔からある「ミロ」も人気です。
ミロはスーパーやドラッグストアなどで手軽に手に入りますし、きっと誰もが一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。

 

タンパク質、鉄分などがたっぷりで、とても美味しい飲み物として長い間、愛されていますよね。

 

牛乳に溶かして飲むだけで栄養が摂れますし、美味しいので朝食やおやつの時の飲み物としてピッタリです。

 

では、この「ミロ」とアスミールはどのように違うのでしょうか。

 

成分を比べてみると、カロリー・タンパク質・脂質・ビタミンCはミロのほうが多いのですが炭水化物・カルシウム・鉄・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンD・ナイアシン・亜鉛・L-アルギニン・メロンプラセンタエキスパウダーがアスミールのほうが多いということ、さらに、アスミールなら一日に必要な量の栄養素7〜8割を摂ることができることが分かりました。

 

つまり、子供の健やかな栄養補助として摂ろうと思うと、ミロよりもアスミールのほうが効果が高い!といえます。

 

特にアスミールは鉄分やカルシウムの成分がたっぷりです。
ミロは、発売されてからすでに40年以上も経っている大ヒット商品ですが、今ではアスミールを選ぶ人が増えています。

 

皆さんもこの機会に、栄養たっぷりなアスミールをお子さんに選んであげてみてはいかがでしょうか。牛乳に溶かして飲むだけ。簡単に美味しく飲むことができます。

 

ダマになって溶けない…という口コミを見かけますが、ホットミルクで溶かすとうまく溶かして飲むことができますよ。本当は冷たい牛乳でサッと溶かして飲むことができれば一番いいのですが…。

 

底に残ってしまうとせっかくの栄養が勿体ないので、上手に溶かして飲ませてあげてくださいね。

 

>>アスミール 詳細ページはこちらから

 

 

サイトTOPへ